税理士さんに投資信託の分配金の課税についてお聞きします。

税理士さんにお聞きします。毎月分配の投資信託をもっていますが、所得が少ないので確定申告に分配金を合算しても、分離課税より税金が少なくなるのではと思いますができるのでしょうか。毎月のことなので、なんとかならないでしょうか。
分配金の計算は複雑そうで、買った価格より基準価格が高ければ課税とかになり、国税、地方税がひかれてきます。時には課税されないときもあります。その他配当などもやはり分離課税されます。やはり人間の心理として、少しでも税金が安くなればそれに越したことはありませんので、基本的なことのようなのですが、その他も含めて税理士さんに相談したいのですが相談料はいくらぐらい考えておけばよいでしょうか。無料相談もあると聞きましたがどのあたりまでが無料なのかも見当がつかないため、先に金額を聞いておきたいと思うのです。本当にこの手のことにはまったく疎いもので申し訳ないとは思うのですが、大体の人間はわからない人が多いのではないかと思います。なにせ、専門的な知識が必要な事柄ばかりですので、数年人1回程度必要な事柄なので、まったくわからないというのが現状です。

税理士に聞く、相続税の質問

地方在住の男性です。父が死亡したため、相続税に関することで税理士の方にお聞きします。私には10歳年下の弟がいます。父は男の子を欲しがっていましたが恵まれなかったので、施設から弟を引き取って養子縁組しました。
父とは全く血縁関係のない弟と、実子の私の財産相続の権利は同じなのでしょうか。なんだか納得がいきません。父はこの町に不動産を持っていて、遺言には配分が書いてありません。税理士の方に回答をお願いします。

世田谷区 相続は相続サポート倶楽部にお問い合わせください。 903

税のプロ税理士法人とは

税理士法人を利用することで家族の働き方を考えることが出来ます。配偶者控除を受けるためには103万円以内で働くのがいいとされています。しかしもっと働けるのなら働いた方が全体の収入が上がることもあります。
夫の収入によってもいろいろあります。税理士法人に相談すると、配偶者の働き方を考えることも出来ます。家族としての収入を考えていくことは税金を考えることになります。時代にあった働き方を選ぶのも賢い生き方です。

税金に関する質問は税理士法人の方にしてみましょう。車を所有していると、自動車税やら重量税やら色々かかりますよね。うちの車は13年目なので、重量税が上がるんだとか。やはり、軽自動車とかは税金も安いのでしょうか?燃費もいいから結構走りそうですよね。でも、うちは子ども二人に犬一匹いるので軽自動車だといつパンパンで燃料も消費しそうです。

税理士に母の確定申告の方法を教えて欲しいと思います。

税理士に同居する母の確定申告について相談があります。母は長年教師をしていたためかなり多くの年金を受給しています。また父が亡くなっているのでその遺族年金もかなりの額で、現役世代と変わらない収入を得ています。
 母は最近難病指定されている持病が悪化したことで2種の障害者認定を受給しました。人によると確定申告をすると、控除を受けることができるので、かなりのお金が返ってくるらしいのですが、母は施設に入っていて自分で申請することは不可能です。このような場合代理で申請してもいいのでしょうか。地方在住なので、税理士の方にお答えいただければと思います。

税理士の方に確定申告などの相談をしましょう。税金は所得金額によって納める金額が違います。色々な控除もありますから、工夫すれば控除を使って節税なんてことも可能なわけです。例えば、自営の方等の場合、国民年金や国民保険料の控除はもちろん、国民年基金なども控除の対象となります。現金で手元に貯金するのもいいのですが、そういうのを使って税金を減らす節税対策もいいですよね。確定申告って言うと、ものすごい堅いイメージがして非常に難しい感じがします。このようなことに無知な私にはきっと説明して頂いてもなかなか理解ができないのではないかと思っています。

Copyright ©All rights reserved.税理士会計士情報 .